×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

太陽光発電とは

設置時のポイント

メリット・デメリット

太陽光発電でのトラブル

  1. トップページ

太陽光発電のことを知ろう!!

近年、深刻な電力不足や、人々の環境問題への関心の高まり、国や自治体からの補助金導入などから、太陽光発電を導入する家庭が増えてきています。しかし実際に太陽光発電を導入するとなると初めてのことだらけなので、疑問や不安を持つ方も少なくありません。
そこで、太陽光発電に関する基礎知識を紹介していこうと思います。

なぜ今、太陽光発電が注目されているのか

太陽光パネルと太陽現在、私たちの日常生活の中で欠かすことのできない電気・ガス・水道や交通・運輸などすべて大量のエネルギー資源に支えられています。
しかし現在日本は、石油や石炭などのエネルギー資源のほとんどを諸外国からの輸入に頼っており、石油や石炭はこのまま使用しているといずれなくなってしまう資源です。
太陽光発電は、太陽光のエネルギーを電気に変換するシステムで、太陽光のエネルギーは無くなる心配がなく、年々深刻化するエネルギー資源問題の有力な解決策の一つであり、発電の際に地球温暖化の原因の二酸化炭素を排出しないクリーンな新エネルギーとして注目されています。
また、日本は世界でもトップクラスの太陽光発電技術を有しており、大規模な太陽光発電所を建設する動きが始まっています。

このような中で、今後大幅な電気料金の値上げが予想されていることも含め、一般家庭でも設置可能な太陽光発電を設置・検討される方が急増しています。

太陽光発電の普及状況

太陽光発電設置率の急増2009年に補助金復活、余った電気の売電価格の引き上げをきっかけに、太陽光発電を設置する家庭が急増しています。
一般家庭用太陽光発電の販売が始まった1993年には設置家庭が1千世帯にも満たなかった太陽光発電が2010年には80万世帯を超え、2011年には100万世帯を超えるほど設置家庭が急激に増えてきており、2012年以降もさらに増えると予想されています。


《太陽光を設置する家が急増してきた理由として》

・環境問題に原子力発電などのエネルギー問題が深刻化していることにより、関心を持つ人が増加 してきている。
・国や自治体の補助金制度の導入や売電価格の引き上げ、設置価格の低下により経済的メリットが ある事が認知されてきている。
・今後、電力会社の電気料金の値上げが予想されており、自宅で使う電気をクリーンで環境に優し くかつ経済的に発電する事ができる。
などが挙げられます。